インストラクターのブログ
心・美・体 ~ スタジオヒグチ校長ブログ樋口敬勇のオフィシャルブログ
心・美・体 ~ スタジオヒグチ校長ブログトップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > 養成コース

養成コースのアーカイブ

PHI ピラティス マット養成コース修了

  • 2015-12-15(火)02:00
  • 更新日:2015-12-15 02:00

STUDIO HIGUCHI 校長の樋口敬勇です。

3年前からの目標を達成することができました。
それは、ピラティスインストラクター養成コースを開催すること。

福岡まで行き、「PHI ピラティス マットⅠ&Ⅱ養成コース」を受講し、
ピラティスの素晴らしさを確信したのが6年前。

それから時を経て、いつかマスタートレーナーになれたらいいなぁ、
くらいの軽い気持ちから始まり、
これは、インストラクターを増やし、さらに多くの方に
ピラティスの素晴らしさを伝えることができたら、と強い想いから
昨年8月、マスタートレーナーを目指し、
自分が所属するピラティス団体「PHI ピラティス」の本部スタジオがある
アメリカのピッツバーグにて研修を受けました。

自分1人だけで関われる人は限られているけど、
仲間を作ることによって、より多くの人たちに貢献することができるから。

そして、先月、今月と4日間のコースで開催された養成コース。

今回の養成コース。
自分が福岡で養成コースを受講したとき、アシスタントで講師をされていた
関西を拠点に活動する、小田島さん。
その方がメイン講師で、自分がアシスタントという。
感慨深いです。

新規受講者5名と再受講者2名の計7名でスタート。
1日1日がアッという間に過ぎ、受講者同士のコミュニケーションも
取れていくうちに、とても楽しく笑いが絶えない4日間となりました。

この場所で出会えた皆さんには感謝です。

組織や、所属団体に固執せず、
良いものは良いと伝えていきたいと思います。
ピラティスはとても良いものです。

そしてPHI ピラティスの特徴としては、
☆高齢者からアスリートまで、幅広いレベルにあわせた
 ピラティスエクササイズを処方することが可能。
☆「型」「形」だけを覚えるのではなく、「クライアントにとって、
 そのムーブメントがどうして意味があるのか?」を理解しながら
 セッションができるようになる。
☆姿勢ごとの筋バランスなど解剖学的見地から、その姿勢を改善する為に
 効果的なエクササイズを提供します。

次回養成コースは4月頃開催予定です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

第8期エアロビクスIR養成コース スタート!

  • 2015-10-16(金)18:44
  • 更新日:2015-10-16 18:47

STUDIO HIGUCHI 校長の樋口敬勇です。

いよいよ
スタジオヒグチ第8期エアロビクスインストラクター養成コースが
スタートしました。

自分の仕事の中で、この「養成コース」は
エアロビクスインストラクター
ピラティスインストラクター
シナプソロジーインストラクター
と3つのカテゴリーがありますが、
どれも大変やりがいを感じているお仕事です。

それは、指導者(伝える人)が増える事により、
自分自身が良いと思っているプログラムが多くの人に広がり、
たくさんの方々がそれによって健康、幸せになる
というイメージができるから。

今回もその気持ちを忘れず、一生懸命に伝えていきたいと思います。

昨日はその初回。
スタジオヒグチのエアロビクスインストラクター養成コースでは、
実際のカリキュラムに入る前に、1ヶ月間の「トレーニング期間」を
設けています。

実際の養成コースに入る前に、
自分のウィークポイントも知り、
動きのスキル、体力を少しでも向上させる、
という目的のためです。

昨日は、超多忙の中、
前回の養成コースに毎週苫小牧から2時間かけて来てくれた
木田麻美IRが駆けつけてくれました。
今回の4名の受講生のために。
その想いが嬉しかった。

そんな想いのこもった木田IRのブログです
http://smile-kida.blogfit.jp/2015/archives/307
http://smile-kida.blogfit.jp/2015/archives/310

初回のオリエンテーションの後、
せっかく木田IRが来てくれたのでプチレッスンをやってもらいました。
無料で(笑)
やっぱり学ぶところが沢山ある、素晴らしいレッスンでした。

いろんな人のレッスンを受けることって、とても大事なことです。
自分も20年以上前に養成コースを受講した時に言われました。
だから、時間があれば色んな場所に行ってレッスンを受けました。

インストラクター養成コースで習得することって、
インストラクターとしての知識、技術はもちろん、
インストラクターとしての人間性。
もっと言ったら、
インストラクターである前に、「人」として。
そして、心の強さもかな、と。

昨日はこんなお話もさせてもらいました。

それは、「道」のつく世界や伝統芸術の世界で語り継がれ
なにかを極めて行く際に歩むべき3段階。
能を確立した世阿弥の言葉。

「守破離」

【守】・・・何事もマネから始まり、物事を素直に取り入れるという姿勢。
教えを守り、私意をはさむことなく、基本をひたすら身につける段階。
型をしっかり身につけていくということですよね。

【破】・・・自分で判断し、応用をしていく段階。「型破り」
今までの教え、型を基本として、アレンジをしたり、他流を研究したり。
だけど、【守】(基本)がなくて、ここに行ってしまうと、
「型破り」じゃなくて、「形なし」になってしまいます。
指導者でも「形なし」になってるケースがあるかもしれませんね

【離】・・・それらを集大成し、独自の世界を創造する段階。
終わりがない世界。

ん~、とっても深いけど、
指導者として学んでいく過程の中でも重要なことだと思いました。

また、エアロビック競技で元トリオを組んでいた同士である
植松雄太さんの「スタジオウエマツ」には
確か、こんなことが書かれたものが飾ってあった。
「名人への道」

まぐれでできる

まぐれじゃなく、動きが確立される

質の良い動きを継続して練習することができる

「快」の動きがいつもできる

環境やプレッシャーに影響されることなく
いつもどおりのパフォーマンスができる


これから半年間で、この4名がどんな成長を見せてくれるか。
とても楽しみです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > 養成コース

カレンダー
« 2017 年 5月 »
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る