インストラクターのブログ
心・美・体 ~ スタジオヒグチ校長ブログ樋口敬勇のオフィシャルブログ
心・美・体 ~ スタジオヒグチ校長ブログトップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > エアロビック競技

エアロビック競技のアーカイブ

ここは岐阜

  • 2014-12-20(土)14:09
  • 更新日:2014-12-20 14:09

STUDIO HIGUCHI 校長の樋口敬勇です。

只今の居場所はここ。

image

エアロビック→岐阜といえば!

image

無理言って時間を作っていただき、駅まで来ていただきました。

短い時間でしたが、いろんなお話しを聞けて、
エネルギーチャージ出来ました✨✨✨

奥田先生は樋口の事を誉めてくれるので、樋口は気分が良くなります😁😁😁

誉められて伸びるタイプだったろうか???

奥田先生の頑張りを拝見していると、
自分も『よしっ!』って、思います。

奥田先生、お忙しいなか会いに来てくれてありがとうございました。

image

2月の大会、頑張ります!

さて、今回メインのお仕事へ~

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

目的と手段

  • 2014-11-30(日)11:48
  • 更新日:2014-11-30 11:49

STUDIO HIGUCHI 校長の樋口敬勇です。

目的と手段ってよく耳にすることですが、
これをハッキリしておかないと、
思考や行動がブレるので、常に意識をしておきたいものです。

STUDIO HIGUCHI では、運動の指導をしていますが、
ザックリ言えば、
その人の生活の質が向上し、人として成長できることが
『目的』であって、
『競技エアロビック』や『運動』は『手段』にすぎないと
思っています。

そう思うと、STUDIO HIGUCHIの子供が
頑張っていた競技エアロビックをいつか辞めてしまうことも
その子の成長を考えると、気持ちよく見送ってあげられるわけですが、
ただ、経験上、
すぐに辞めてしまうよりも、ある程度は頑張り続けた方が
その後にはいい影響を及ぼすように思えます。

先日、そんな事を思わせてくれた出来事が。
とある新聞の記事に、昨年まで10年間、STUDIO HIGUCHI で
エアロビックを頑張った高校3年生が出ていました。

自分もある方から、この記事を頂いて知ったのですが(笑)、
とても嬉しかった。

1

IMG_2485.JPG

この子は小学3年生くらいから、スタジオに通い始めてくれ、
おばあちゃんがいつも送り迎えをしてくれていました。

今ではこんな事も笑って話せますが、
その頃は、けっして運動神経が特別良かったわけでもなく、
体型も太り気味で、性格も『素直』でもなく(笑)

何人か同じ学年の子が、北海道代表になり、
中学入学のタイミングでエアロビックを辞めていく中、
それでも続けていくうちに、練習に取り組む姿勢も変わり、
それと同時に、体格にも、性格にも変化が出始め、
見事に北海道を代表する選手になりました。

本当に良い意味での『いい子』に成長してくれたと思います。
もちろん、スタジオだけの生活だけでなく、
家庭環境や、友達環境も良かったおかげでしょう。

その子の新聞記事を見たとき、本当に嬉しく、
『続けてくれてありがとう』と思いました。

10年間の間、
楽しい思い、嬉し思い、良かった思いよりも、

嫌な思い、辛い思い、悲しい思いの方が、
多かったんじゃないだろうか。

だけど、そういうことを経験して、
自分で乗り越えていった人の方が、
人として信頼し、尊敬でき、
幸せな人生を歩んでいける気がします。

100%では無いにしろ、
80%くらいの確率で(笑)

そもそも、
辛いとか、くるしいとか、キツいとかって、
その人が感じる感じ方だから。

人にとってはそう思うようなことも、
そうは思わず、喜びに感じる人もいるだろうし。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

SUZUKI JAPAN CUP 2014 北海道地区大会

  • 2014-10-06(月)08:29
  • 更新日:2014-10-06 13:42

STUDIO HIGUCHI 校長の樋口敬勇です。

昨日は日本で、都道府県大会→ブロック大会→全国大会→世界大会と、
続く、「SUZUKI JAPAN CUP 2014 全日本エアロビック選手権大会」の
北海道地区大会でした。

自分もこの大会に出ることをやめて何年かな。。。

image

樋口好子選手もかなり久しぶりの参加。
といっても、1次予選のオープンエクササイズだけですが(笑)

image

さて、今年の北海道地区大会。
スタジオヒグチからも「北海道地区代表」を目指して出場した選手、
自分の練習の成果を発揮する場として、出場した選手、
様々ですが、個人的にはいろんな思いで見てきました。

特に、スタジオヒグチの「エース」と言ってもいいでしょう、
熊谷翔太選手が、3月にデモンストレーションのリハーサル中に
膝の前十字靭帯断裂。
縫合手術の後、リハビリをし、満身創痍で臨んだこの大会。

間に合うのか、間に合わないのか、ギリギリの線で、
一瞬、自分が出場したほうがいいか、とも考えましたが、
熊谷選手、身体的にも精神的にもよく頑張ってくれました。

こういう経験を乗り越えると、本当に人間力が増すんだと思います。
普段の練習ではトレーニングできない部分です。


そして、ユース1に出場の中学生、金澤優花選手。
今年こそは、北海道代表を目指し練習を積んできました。
最近は練習に取り組む姿勢も変わり、メキメキと上達してきました。

しかし、直前に、
同じく北海道代表を目指し、一緒に練習してた中学生選手が突然、
エアロビクスを辞め、大会も欠場することに。
そんなメンタル的にもダメージを受けた状態で大会を迎えた昨日。

逆境を乗り越え、見事に北海道地区代表2枠のうちの一つを獲得しました。
彼女もまた、普段の練習ではなかなか得ることのできない何かを
得ることができたのではないかと思います。

北海道地区は、年々参加者が減って競技人口がどんどん少なくなってます。
スタジオヒグチも同じ状況です。
自分が始めた20年くらい前は、スポーツクラブで「エアロビクス」を
やってるメンバーさん、そしてエアロビクスインストラクターの
多くの方は競技会に出場している感じがしましたが。

それが、競技性の向上なのか、それに伴う低年齢化なのか、
年々参加者が減ってきました。

自分がやってきたスポーツがこのようになることは寂しいし、
北海道でもこのスポーツの普及発展に努めたいと思い
スタジオヒグチでも競技クラスを展開していますが、
大人たちも演技までする方が少なくなってきて、
子供たちも、中学生、高校生まで続ける子が少なくなっています。

そこまでモチベートさせることができない自分たちの力の無さに
とても残念に思っています。

「エアロビック」と聞いても、それをやるかやらないか、
どんなスポーツなのかわからず、
何かのきっかけで目にすることがない限りは
そのスポーツをやらせようと思う親、やりたいと思う子は
ほとんどいないのではないかと思います。

しかし、「エアロビック」というスポーツは、
あらゆる体力要素を身につけることができ、プラス表現力も必要。

スタジオヒグチでは、もちろん、スポーツをやっている以上、
大会で成績を出すことはとっても大事なことですが、
その人が、エアロビックを辞めて他のスポーツを行ったとしても、
そのスポーツでしっかりとやていける能力を養ってあげたい。

そして、それ以上にその人がその後の人生において、
困難にあったり、辛いことがあった時も、乗り越えられる人間力を
身につけさせてあげたいと願っています。

だから、技術を身に付けるのも大事だけど、
返事、挨拶、言葉遣い、道具を大事にする、仲間を大事にする、
周りへの感謝、、、
これもそれ以上に大事じゃないかと。

エアロビックをやめたとしても、
「エアロビックをやっていて良かった」と思えるように。

自分自身も小さい子供がいる親として、
自分の子供がどんなふうに成長して欲しいか、
どんな大人になって欲しいか、
を考え、運動指導に役立てたいと思います。


今回も、この競技会を通じたくさんのことを考えさせて頂いました。




  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

全日本強化合宿

  • 2014-08-12(火)00:52
  • 更新日:2014-08-12 00:52

STUDIO HIGUCHI 校長の樋口敬勇です。

8日㈮~今日まで、北翔大学では
エアロビック、全日本強化選手による夏合宿が開催されていました。

都合により今日のみでしたが、見学に行ってきました。

4日目ということで、選手たちは筋肉痛はもちろん、
心身ともに疲労もしていたはずですが、
さすがは全日本強化選手。
素晴らしい動きで、最後まで集中力を切らさずに練習に励んでいました。

北海道の強化選手も見学を許され、
STUDIO HIGUCHI からもユース選手2人が見学をさせて頂きましたが、
とても貴重な機会を頂いたと思います。

試合会場や雑誌でよく見る憧れの選手が、
こんなに間近で練習する姿を見れたんですから、
きっと、これからの練習のモチベーションになったことでしょう。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

第2回合同練習会

  • 2014-07-31(木)23:58
  • 更新日:2014-08-01 11:05

STUDIO HIGUCHI 校長の樋口敬勇です。

今日も1日、子供からご年配の方まで、沢山の人達と接し、
充実した良い一日でした。

地元「麻生」の地域事業でやっている
「多世代交流による 麻生緑地公園清掃と地球にやさしい街づくり」
というイベントに、昨年に引き続き出演させていただき、
「シナプソロジー」と「麻生体操」をやらせて頂きました。

毎回思いますが、「シナプソロジー」はどんな場所で行っても
ハズレませんなぁ。
場の空気感が一気に変化し、明るくなります。
そうすると、こちらのお話にも耳を傾けてくれるようになり、
大変お話がしやすくなります。

「麻生体操」もやっぱりあの曲が場を和ませ、
子供からご高齢の方まで楽しんで頂けたようです。

その後、スタジオでは「第2回合同練習会」ということで、
渡部倫子先生のチアの子供達と、
スタジオヒグチのエアロビックの子達との合同練習会でした。

前半は渡部先生のダンス基礎レッスン。
後半は、自分が身体作りとエアロビック基礎練習を担当。






それぞれの子達が、慣れない動きを一生懸命に取り組んでいました。
やったことない動きにチャレンジして新たな感覚を養うことって
非常に重要なこと。

チアの子達は、技術も素晴らしですが、
渡部先生の考えが行き渡り、しっかりと自主性をもって
練習に取り組んでいた姿が素晴らしかった。

今回、スタジオヒグチからは主力選手の参加はなかったけど、
今後もこのような機会を継続していけたら、と思っています。

近年、北海道のエアロビック競技選手は減少傾向にあります。

過去、この競技に携わっても、すっかり離れてしまう方が多すぎる気がします。

一人の力は微力ですが、
自分たち指導者が、この競技に対する情熱を持ち、普及につとめていかなければならないと思います。
そして、エアロビック競技に興味を持つ子供たちが増えることを願ってます。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > エアロビック競技

カレンダー
« 2017 年 5月 »
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る