インストラクターのブログ
心・美・体 ~ スタジオヒグチ校長ブログ樋口敬勇のオフィシャルブログ
心・美・体 ~ スタジオヒグチ校長ブログトップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > Blogについて | ひとりごと > 三陸沿岸応援活動報告③最終日

三陸沿岸応援活動報告③最終日

  • 投稿日:2015-10-28(水)18:57
  • 最終更新日:2015-10-28(水)18:57

STUDIO HIGUCHI 校長の樋口敬勇です。

2015年10月23~25日の3日間、
三陸沿岸応援活動で宮城、岩手を訪れました。

2日目。
大船渡での活動を終えて、次の時間まで少し時間があったので、
少し街を見に行きました。

 

 

 

 

こんな木が津波によって根こそぎ流されたって、
一体どれだけの威力があったんだろう。
そして、7万本あった木のうち残った、奇跡の一本松。
くるぶし位の高さの津波でも、立ってられないくらいの
威力があるって、以前現地の人に聞きました。

   

そして、毎年必ず訪れる気仙沼大島。
ここへは船で30分くらいかけて行くので、
その時間まで、俳優渡辺謙が地元の仲間と作ったという
「k-port」というおしゃれなカフェへ。

そして、船で気仙沼大島へ向かいました。

  

大島は小さい島ですが、
あの日、両端から津波が来て島が二つに分かれたという。
ここにはなかなか支援の手が行き届かなかったと聞きました。

そのような場所で、毎回やらせて頂いているのが、
「ココロとカラダの健康運動」として、2つのレッスン。
まずは、ストレッチポールを使ったリラックスと、ピラティス。

 

せめてこの短い時間、少しでも、自分のココロとカラダの声を聞いて
リラックスして気持ちよくなってもらえれば、と願って。。。

2年前の活動の時も、約80本のストレッチポールを支援してくださった
日本コアコンディショニング協会(JCCA)が、今回も現地の方に、と
数本くださいました。
その時も、今回も、参加者の方は大変喜ばれていました。

そして、この活動にて最後の木田ちゃんとのジョイントエアロ。
(実はこれが最後ではなくなるんだけど・・・)

みんなノリっノリで動いてくださいました。
さすがは、ファンタジスタ木田♪
最初の担当で、参加者の気持ちをワシ掴み。
そのあとの自分は考えなくても動けるようなシンプルなもので、
みなさんと意識的にコミュニケーションをとりながら。

 

 

 

 

 

とても一体感が生まれたステキな時間でした。
毎回来る度にとても喜んでくださる、大島の方々。
また来年も役割があるなら、私たちも喜んで来たいと思います。

ここでも、マジックハンド蔵之進は沢山の人達のカラダを
マッサージで癒していました。
10年以上も私樋口のカラダをマッサージしてくれていた
彼の腕は「本物」です。
今回もみなさん100%満足されていました。

この日の宿泊は気仙沼に戻らず、ここ大島にしました。
当初宿泊予約していた場所があったんですが、
地元の方のススメで『民宿 みかみ』という場所に変更。

せっかくススメてくれましたので。

だけど正直、名前から見てもあまり期待してなかったんです。
まぁ、お付き合いがあるんだろうなぁ、くらいで。

『民宿みかみ』に到着したら、
外見はキレイでした。
昨年オープンしたそうです。

しかし!
驚いたのは!
料理ー!(写真はありません・・・)
北海道に住んでいるので、そこそこ美味しいものは知ってるけど、
『民宿みかみ』ナメてました。
ごめんなさい。。。

刺身、マグロのカマ、生のアナゴのカルパッチョ、野菜にデザート。

どれも最高でした。
そして、安い!

来年も大島に来たら必ず『民宿みかみ』に泊まります。

何回かこちらに来て活動してわかったんですが、
こちらに足を運んでご飯食べたり、飲んだり、
そうやってお金を使うことでも、現地の支援になるんだってこと。

食事も終わり、部屋に戻ったら、
そりゃあ、毎日全エネルギーを使ってますから、バタンキューです。

翌日は朝7:20分発の船で移動ですから。
その前に、歩いて10分の海岸へ散歩道。
部屋から外を覗いたら、ちょうどSUN SET!
走って海へ。

 

 

 

後から追いかけてきた木田ちゃんが、上手に撮ってくれました。
写真でもわかるとおり、とてもいい景色で、癒されました。

大島を後にし、最終日の仮設体操3ヶ所。
細根沢の仮設住宅。
横田中学校にてスクワット指導。
高田高校第2グランドの仮設住宅。

 

 

 

 

高田高校の仮設体操が終了後、ある出来事は起きました。
その日はちょうど高田高校の屋内グランドで野球部が練習をしていました。
なんとそこに、ゲリラ的にラジカセで「RYUSEI」を流しながら乱入!

藤野先生が野球部の子達を横一列に並ばせ、
ここからは、ファンタジスタ木田の独壇場です。

もうね。
思い出しただけで笑っちゃう!
写真でしか伝えられないのが残念ですが、雰囲気だけでもどうぞ。

 

 

なんなんでしょう。
この高校生たちのイキイキとした表情と、やりきった感。
この企画で木田ちゃんとマジで高校をまわりたいと思った。

「真剣」の中から生まれる「爆笑」
超笑いました。

これで3日間の活動を締めくくりました。

2011年4月6日初めて訪れたこの場所。
最初は行くつもりがなかったこの場所に、
10年間はこの活動を続ける、と決めました。
今年で半分が過ぎました。

本当に自分たちが出来ること、やってることなんか
すごく、すごく小さな活動だけど、
この活動を通じて感じること、得られること、
自分たちが人として成長していると感じられることが多い
1年に1回の3日間。

自分たちの家族を含め、たくさんの皆さんのご協力のもと、
自分たちが代表して行かせて頂いている
と思っています。

6年目も継続できるように。。。

そして、毎回多大なるご協力を頂いています
岩手の藤野先生。
5年前に初めてお電話した時には、お会いしたこともなく、
無理を言って協力をさせて頂きました。

いつもいつも、お一人でボランティア活動をされている藤野先生。
車で何時間も運転して現場に通い、みんなに笑顔で接し、
先生がいるだけでまわりが明るくなる。
みんなが藤野先生のことを信頼している。

「樋口さ~ん♪」という高い声とあの笑顔が
自分たちをも癒してくれます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

STUDIO HIGUCHI
樋口敬勇

■この記事に関連する投稿(表示順はランダム)

ホーム > Blogについて | ひとりごと > 三陸沿岸応援活動報告③最終日

カレンダー
« 2017 年 3月 »
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
リンク
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る