インストラクターのブログ
心・美・体 ~ スタジオヒグチ校長ブログ樋口敬勇のオフィシャルブログ
心・美・体 ~ スタジオヒグチ校長ブログトップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > > 『7号食』について~③起こる症状

『7号食』について~③起こる症状

  • 投稿日:2012-09-28(金)07:34
  • 最終更新日:2012-09-28(金)07:34

STUDIO HIGUCHI 校長の樋口敬勇です

自分自身、5日間コースを含め3回の「7号食」をしましたが、
その間、いろんな感覚や症状が出ました。

妻も一緒にやってますが、すごい頭痛が起きてました。

 食養研究家で7号食を推奨している 冨田 哲秀先生によります、
第4回自然美研究会~キレイな身体の作り方~ 『バランス美人』の中でも、
様々な症状について語られてましたので、ご紹介しますね。

「上唇が下唇の色より薄い」
胃が悪いそうです。
7号食中にお茶やお水は飲まずによく噛んで
唾液に頼る。

「便秘」
気にしない。
やる気がある人ほどなってしまう。

「冷え性」
牛乳をやめる

「足首が腫れる」
カラダの軸の問題
足の指の機能低下

「頭痛」
甘いものを食べる人に多い
甘味→血糖値上昇
それに慣れている人が頭痛になる

 
これらはほんの一部ですが、他にも7号食中に色んな症状が出てきます。
それもこれも、単純情報を繰り返し、神経を甦らせてる結果なんですね。

7号食の11日目に「具無しの味噌汁」を飲んで、それがとてもうまく感じるのも
味覚が蘇ってるから

基本食は、「ごはん」と「おかず」が同じ量。
足りなかったらご飯をおかわりする。

カラダが不健康だと、意識がすべて自分に向かってしまう。
「つらい」「いたい」「だるい」など。

カラダが健康だと、意識がすべて外にも向かってる。

いろんな考え方があると思いますが、
自分は7号食をしてカラダも変わったし、食に対する考え方も変化しました。

「運命を変える7号食」
気になってる方は是非お試しください
『7号食』について~①「7号食」とは

『7号食』について~②真の目的

■この記事に関連する投稿(表示順はランダム)

コメント(閉):1

フロリナ 2012年10月31日

はじめまして。七号食のサーチをしていてここにたどりつきました。私は、アマチュアですが、バレエを踊っています。12月のパフォーマンスに向けて体を絞りたいと思っているのと、乱れた食生活を改善しようと思い七号食から始めようとと思っています。週4回のレッスンと週1回の個人レッスンが基本ですが、結構激しい運動なので、不安があります。運動しながら七号食のコツや注意することなどあったらお時間があるときにでもブログにアップしていただけないでしょうか。勝手なお願いで申し訳ないのですが。。。

ホーム > > 『7号食』について~③起こる症状

カレンダー
« 2017 年 5月 »
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る